スタッフブログ

2017.10.31更新

今回の健康通信は「冬の水分補給」についてです。

 みなさん、水分補給していますか??

夏場は熱中症対策の為に積極的に水分をしていたのに、

涼しくなった秋や冬に水分補給を怠っていませんか??

人間の体の水分は約60%です。

毎日人間は、食べ物や飲み物から役2リットルの水分を摂取しなくてはなりません。

汗や尿、便などで体から水分が2リットル排出されてしまいます。

これはどの季節でも同じように排出されるので、

涼しくなってきて熱中症の危険は去りましたが、水分補給の重要性は夏場と変わってはいないのです。

 

 風邪対策に水分補給

寒くなってきて、職場や街中で風邪をひいている方をよく見かけるようになりました。

風邪対策で王道である、手洗いうがいに加え「水分呼吸」も大事な予防策の一つです。

風邪やインフルエンザのウィルスは乾燥した状態で活発に活動します。

反対に湿度50%以上になると活動を急激に低下します。

水分補給は喉や鼻の粘膜をうるおしてウイルスの侵入を防ぐと同時に、

侵入したウイルスを痰や鼻水によって体外に排出する作用を助けます。

また、風邪をひいてしまったら発熱や食欲低下、下痢、嘔吐などの症状により体からの水分排出が多くなりますので、

普段以上にきちんと水分を補給するようにしましょう。

 

脳卒中、心筋梗塞予防に水分補給

 冬場には脳卒中や心筋梗塞の発症が増えます。

これは寒くなって血圧が上昇することも一因ではありますが、水分補給も大いに関わっています。

寒くなって汗をかかなくなり、のどの乾きを自覚しにくくなる冬場は水分摂取が少なくなります。

水分摂取が少ないと、血液の粘度が上がり、いわゆる「ドロドロ」の状態となります。

ドロドロ血液によって血管が詰まりやすくなり、結果として脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなります。

脳卒中、心筋梗塞予防のためにも、冬場も水分補給!です。

 

忘年会・新年会などの飲み会の席も水分補給

これからの忘年会や新年会など飲酒の機会が多くなります。

お酒を飲むと喉が渇くことは多くの方が経験されていると思いますが、

アルコールには利尿作用があるため、飲酒が過ぎると体は脱水状態となります。

アルコールを飲んだら意識的に水分を補給して、脱水状態を防ぎましょう

 

  ---------
ひより整骨院
‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故‐
‐猫背矯正・産後の骨盤矯正・骨盤矯正・マッサージ
 平日は夜20時30分まで診療、土曜日は9時〜13時で診療しています!
こども連れでも大歓迎です!
 市原市・茂原市・木更津市・千葉市の方も、
 お気軽にご相談下さい
〒290‐0023
千葉県市原市惣社3-4-11ニューメゾンヤツカ102
Tell:0436-63-5582
ひより整骨院ホームページ☜ここをクリック!
交通事故専用窓口☜ここをクリック!
エキテン☜ここをクリック!
ファスティングマイスター☜ここをクリック!

投稿者: ひより整骨院

entryの検索

ひより整骨院 tel:0436-63-5582 住所 千葉県市原市惣社3-4-11-102 電車・バスの場合 「五井駅」より東口バスのりば 「国分寺行き」に乗車し「国分寺台入口」にて下車 車の場合 ※わからない場合はご連絡下さい 駐車場7台完備 (2台:院前 5台:裏手側) 市役所通りの加茂坂上交差点近く、小僧寿し向かい